第35回全中 岸城中①

今回の全中の対戦で、私が最も血圧が上がりアドレナリン血中濃度が上昇した試合が岸城さんと日野さんの対戦でした。日野さんの噂は耳に入っており、実際どのような相手なのかずっと考えていました。そして対戦当日に目の当たりにして岸城さんの危機を感じずにはいられませんでした。いまだに、本当によくもまあ勝ったものだとしみじみ思います。緊張感で張りつめた投手戦が始まりました。しかし日野さんの投手は噂以上でした。あんな2年生がいるなんて。そして岸城さんもみずきさんが顔色変えず投げてきます。センチ単位で出し入れ可能な、まさに精密機械のような投球がまたも始まりました。
b0249247_16582851.jpg

b0249247_1659627.jpg

b0249247_16594227.jpg

b0249247_1701128.jpg

b0249247_1704958.jpg

b0249247_171343.jpg

b0249247_172263.jpg

b0249247_173854.jpg

b0249247_1734038.jpg

b0249247_174318.jpg

b0249247_176182.jpg

b0249247_1765722.jpg

b0249247_1772067.jpg

b0249247_177523.jpg

b0249247_1792171.jpg

b0249247_1710786.jpg

b0249247_17104663.jpg

b0249247_17115550.jpg

b0249247_17124442.jpg

お互い無得点の均衡が続きました。さすがの岸城さんもなかなかチャンスが作れません。
4回くらいから私はあれを意識し始めました。もう勝つにはあれしかないのではと思いました。そう、岸城さん得意のあれです。得意というか必勝パターンと言っても過言ではありません。気がかりなのはそこまでみずきさんが無得点で抑えれるのかでした。しかし、この大舞台でも彼女と選手のみんなの安定感は揺るぎませんでした。岸城中で厳しく練習しているほうが皆にとって大変なのかもしれません。

by hayashi-tax | 2013-09-01 23:34 | 中学 | Comments(0)