2012年 04月 29日 ( 2 )

東海大高輪台 春季大会準優勝

本日の結果です。
凄い試合でした。初回の猛攻で優勝確信したのは甘かったでしょうか!?まさか同点どころか逆転で突き放されてしまうとは。とは言え東海大高輪台見事準優勝で関東大会初進出です。応援行きたいのですが日程合うかどうかですね。
しかし、あの帝京打線はどうやれば抑えることができるのか・・
夏の甲子園予選がまた楽しみです。

東海大高輪台 702001000 10
      帝京 310150510 16
b0249247_22483359.jpg

by hayashi-tax | 2012-04-29 22:50 | 高校 | Comments(0)

誤診

娘の骨折に関して、多くの皆様からお見舞いとご心配を頂き有難うございました。
実は、診断内容や医者の対応に疑問を感じ、転院を繰り返しておりました。そして、整形外科6軒目にして初めて正確な診断が下されました。娘は骨折ではなく靭帯損傷でした。5軒で誤診されているという予想もつかない結果にはかなり驚きました。

1軒目:剥離骨折ですね、数ヶ月はかかります。
2軒目:これは半年はかかる。しばらく固定しないと。
3軒目:手術すると少しは早い復帰になる。検討しては?
4軒目:最低2ヶ月だが普通は3ヶ月。
5軒目:インターハイは無理。治り方もよくない。
6軒目:これは骨折ではないですね・・靭帯損傷です

ここまで診断が違いました。
娘の先天的な骨の形状を多くの病院では剥離骨折と診断してきたらしいです。

最悪なのは4軒目でした。もとJリーグのチームドクターとかでした。暫くの期間通院していましたが、毎回レントゲン見ても「治ってないよ?ほら」また学校の授業の関係で普段とは1日前の日に診察に行きました。「なんで明日来ないの?今日はレントゲン撮らないよ、明日出直してきなよ」結局もめて撮影しましたが「全然治ってないよ?ほら、わかる?」です。
ここに通っていたら、レントゲン撮って治って無いと延々と言われていたかもしれません。おそろしい・・
5軒目もちょっと・・骨折でもなかったのに治りかたがよくないってどういうことなのか。

6軒目は骨折時期と骨の状態に違和感を覚えて、繰り返し問診と画像診断で骨折では無いと見抜きました。
骨の断面も良く見ると骨折の状態ではないらしいです。妻はさすが慶應と絶賛。
ここに来る3日前には違う病院で夏は諦めろと言われましたが、すぐその場でギプス外し、松葉杖も使わないで歩いて帰って来ると言うギャグみたいな話でした。

この間も接骨院で毎日低周波と超音波で治療していましたが、中にはそんなこと無駄だとか心無いことを平気で言ってくる医者も数人でした。おまけに誤診かよ?と思いますが。

結局今は元気に部活復帰になりました。もう少しで完治だそうです。
今回ご心配してくださった多くの皆様に御礼申し上げます。

by hayashi-tax | 2012-04-29 09:13 | 高校 | Comments(4)